お知らせ

ご不明の点がございましたら、お問い合わせよりご連絡ください。

2020-10-26
お知らせ
Mozilla Firefoxのブラウザを利用しているユーザー様へ
詳  細
Mozilla Firefoxは、バージョン82以降において印刷時に余白を0に設定しても強制的に3mm程度の余白が取られるように仕様が変更されました。

Car Store System Cloudでは、この仕様変更に既に対応しておりますが、バージョン82よりも古いバージョンのFirefoxを利用するとレイアウトが3mm程度左上にずれてしまいます。 最適な印刷位置で印刷するために最新版のFirefoxをお使いください。

Microsoft Edge Chromium版、Google Chromeは、従来どおりご利用いただけます。
2020-10-24
お知らせ
視認性、操作性向上のためのアップデートを行いました。
詳  細
視認性、操作性向上のために各種操作ボタンにおきまして、文字とアイコンの併記、またはアイコンへの置換えを行ないました。
2020-10-18
お知らせ
複数のデータ項目に対してアップデートが行なわれました。
詳  細
今回のアップデートにより、以下のデータ項目に対する追加、変更が行なわれました。
[1]車検証の定員、最大積載量、車両総重量の[ ]内表記を登録可能にするため入力項目を追加しました。
[2]以下の項目について、入力上限が変更となりました。
▼ 車両情報
・排気量[cc]⇒ 変更前[9,999]⇒ 変更後[99,999]
・排気量[L / KW]⇒ 変更前[9]⇒ 変更後[99]
・走行距離 ⇒ 変更前[999,999]⇒ 変更後[9,999,999]
・最大積載量 ⇒ 変更前[99,999]⇒ 変更後[999,999]
・車両重量 ⇒ 変更前[99,999]⇒ 変更後[999,999]
・車両総重量 ⇒ 変更前[99,999]⇒ 変更後[999,999]
・全長 ⇒ 変更前[9,999]⇒ 変更後[99,999]
・全幅 ⇒ 変更前[999]⇒ 変更後[9,999]
・全高 ⇒ 変更前[999]⇒ 変更後[9,999]
▼ 店舗情報
・振込先 ⇒ 口座名義 ⇒ 変更前[25文字]⇒ 変更後[30文字]

※ 口座名義について
口座名義は、全てカタカナの場合は半角カナに変換されますので30文字でも印刷範囲に収まりますが、漢字やひらがなが混在する場合に改行されてレイアウトが崩れてしまうことがございます。

ご不明な点などがございましたらお問合せよりお尋ねください。
2020-10-12
お知らせ
[重要]粗利益の計算方式が、免税事業者・課税事業者を考慮した選択方式に変更されました。
詳  細
粗利益の計算方式が、従来の免税事業者向けの計算方式に加えて、課税事業者向けの計算方式を追加した選択方式に変更されました。ユーザー様の設定におきましては、より要望の多かった課税事業者向けの計算方式を初期の設定とさせていただきました。

従来の免税事業者向けの計算方式を継続してご利用する場合は、各種設定 ⇒ 基本設定 ⇒ 事業者タイプを「免税事業者」に変更してください。

事業者タイプが[課税事業者]の場合は、仕入税額控除を適用して粗利計算を行ないます。 仕入税額控除とは、納付する消費税額の算出にあたり、売上の消費税額から仕入の消費税額を差し引いて計算する制度です。
事業者タイプが[免税事業者]の場合は、仕入税額控除は適用せずに粗利計算を行ないます。 仕入の消費税額に対する控除は受けられませんが、売上の消費税を納付する義務が免除されます。

事業者タイプにより、以下の処理に対して変更が行なわれます。
[1]販売管理 ⇒ 車両販売・車両整備のデータ作成時に行なわれる粗利益の計算方法。
[2]車両管理 ⇒ 在庫車両登録 ⇒ 仕入原価の粗利益の計算方法。

■事業者タイプが[課税事業者]のユーザー様の場合。
既に作成した車両販売、車両整備データの粗利益の値を課税事業者向けの計算式による粗利益に更新する場合は、車両販売、車両整備データを一覧画面の「編集」から開いていただくと、仕入税額控除を考慮した粗利益が反映されますので「保存」を行ってください。

お手数をお掛けいたしまして申し訳ありませんが、ご対応のほどよろしくお願いいたします。