機能別マニュアル

各機能の解説をしています。機能別マニュアルで解説している機能は全て準備中です。

締日機能の利用

車両販売、車両整備データの売上一覧、入金一覧、売掛一覧において、締日によるデータの絞込みが行えます。また整備合計請求は、締日を元に請求情報を処理します。 締日機能の利用には、基本設定、顧客データで締日の設定が必要になります。

  1. 基本設定の締日設定
    新規顧客データ作成時の締日の初期値を設定します。また既存顧客データの締日一括更新が行えます。
  2. 顧客データの締日設定
    締日は、請求先となる顧客データで設定された締日が適用されます。
  3. 各一覧の締日適用
    適用年月の締日以降のデータを除外して表示したり、締日による絞込ができます。

整備合計請求

車両整備データ作成時に請求タイプで[合計請求]を選択したデータを対象に合計請求の発行が行えます。顧客データには、請求タイプを予め設定することができます。 整備合計請求は、締日を元に請求情報を処理するため締日の設定が必要になります。※請求タイプは[個別請求][合計請求]の何れかを選択します。

  1. ご利用前の注意事項
    顧客データに請求タイプを設定すると、車両整備データ登録画面で請求先となる顧客データを読込んだ時に自動的に選択される様になります。
  2. 顧客データの設定
    顧客データに請求タイプを設定すると、車両整備データ登録画面で請求先となる顧客データを読込んだ時に自動的に選択される様になります。
  3. 車両整備登録・編集
    車両整備データの請求タイプ[個別請求・合計請求]を[合計請求]に設定すると、整備合計請求の対象データとなります。
  4. 整備合計請求一覧
    今回請求分の合計請求一覧を顧客[請求先]ごとに集計して一覧表示します。
  5. 整備合計請求発行
    選択された顧客に対する合計請求の発行を行います。

整備一括入金

車両整備データ作成時に請求タイプで[合計請求]を選択したデータを対象に整備一括入金が行えます。

  1. 整備一括入金一覧
    請求タイプ[合計請求]を対象とした未回収残高ありの車両整備の売上データを顧客[請求先]ごとに集計して一覧表示します。
  2. 整備一括入金[入金]
    選択された顧客に対する一括入金の処理を行います。
  3. 整備一括入金[領収証]
    領収証は[一括入金処理]処理後に発行が行えるようになります。